明け渡しの際には

不動産賃貸において、賃借人は賃貸借契約が終了した際、賃貸人に対して明け渡しの義務を負っています。しかし、この時賃借人は単純に明け渡せば良いというわけではありません。
明け渡しの際には、借りた当初と同じ状態にしなくてはなりません。つまり、明け渡しの義務とともに原状復帰する義務も負っているということになります。
これが、賃貸不動産における現状回復ということになります。

この原状回復義務の範囲としては、「賃借人の住居・使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意、過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損」と定義されているようです。
入居してから、上記のようなことなどが理由で経年劣化してしまった場合は、原状回復が求められるということになります。

こういったことが、必要になった場合には対応してくれる専門会社を利用する必要があります。この場合は、原状回復工事施工会社という専門会社が存在します。
原状回復工事を、専門的に請け負ってくれる会社ですので必要な対応を取ってくれます。

原状回復工事の専門会社といっても、単純に工事を行なうだけではありません。ほかにも、査定や見積もりなどもすべて請け負ってくれます。
原状回復工事施工会社によっては、そういった査定や見積もりを無料で行なってくれるところも存在します。

できるだけ、コストを抑えて原状回復工事を行いたい場合は、利用する専門会社選びが非常に重要になってくると言えます。

おすすめサイト

現状回復をしたいなら!:現状回復に関することは専門業者にお任せです

Comments are closed.

Free Blog Theme and Blog Templates